Google

Google からのニュース

  1. Google について
  2. Google からのニュース
  3. ニュースリリース
  4. ニュースリリース

ニフティとGoogleが提携

世界最大のGoogleの検索エンジン採用で@niftyの機能拡大

プレスリリース
2001年4月16日

本日4月16日、世界最大のインターネット検索エンジンであるGoogle(Google Inc./本社:カルフォルニア州/CEO兼共同設立者:ラリー・ページ/www.google.com)は、ニフティ株式会社(東京都品川区/代表取締役 渡辺武経)と提携しました。この関係により、460万人(2001年3月末現在)に及ぶ@niftyのユーザに数々の賞を受賞しているGoogleの検索サービスを提供できるようになりました。

国内最大の会員数を持つ@nifty(www.nifty.com)は、743個のフォーラム、20万件を超えるホームページサービスを始め、数多くのコミュニティ、Eコマースサイトなどで構成された総合サイトを運用しています。現在@niftyでは、検索専門ポータルとして@search(www.nifty.com/search/)を提供しています。@searchでは@nifty 全体のキーワード検索をはじめ、ショッピング検索、会員のホームページ検索、金融情報や音楽などの検索サービスを提供しています。これらの優れた検索環境にインターネット上最大のGoogle検索エンジンを追加したことで、ユーザはより簡単で迅速に、様々な情報を引き出すことができるようになりました。

日本を最重要市場のひとつと考えているGoogleは昨年8月の日本語検索機能の提供以来、日本市場のために特別に開発した今年2月のiモード向けサービスの提供、また数々の日本企業サイトやポータルサイトへの検索エンジン提供などを行っています。簡単で、質の高い検索結果を瞬時に提供できるGoogleの検索エンジンをより多くの日本のインターネット・ユーザに経験してもらえるよう、年内には日本オフィスを設立する予定です。

Googleについて( www.google.com)
WWW最大の Web サイトのインデックスと業界最先端の検索技術を持つGoogle Inc. は、インターネット上もっとも速く、もっとも簡単に適切な情報を提供します。Googleの技術革新には、2つのWebby Awards、WIRED magazineのReader Raves Award、 PC Magazine のBest Internet InnovationおよびTechnical Excellence Award、 Yahoo! Internet Life のBest Search Engine on the Internet、 TIME magazine のTop Ten Best Cybertech、CNETのEditor's Pickを含め、数々の賞が授与されています。また、Googleの検索エンジンはYahoo!、AOL/Netscape、Cisco Systemsなど、世界各国の企業の各サイトに採用されており、その数は急速に増えています。Googleはカリフォルニア州マウンテンビューを拠点とし、Kleiner Perkins Caufield & Byers、Sequoia Capitalの出資を受けている非公開企業です。Googleに関する詳細は http://www.google.com をご参照下さい。

GoogleはGoogle Inc.の登録商標です。また、本リリースに記載されたその他全ての企業、または製品名はそれぞれの所有者による商標または登録商標である可能性があります。