Google

Google からのニュース

  1. Google について
  2. Google からのニュース
  3. ニュースリリース
  4. ニュースリリース

Googleの検索エンジンを日本で最初に採用した「BIGLOBEサーチ」が100万検索/日を達成

2001年5月24日

世界最大のインターネット検索エンジンである Google(Google Inc./本社:カルフォルニア州/CEO兼共同設立者:ラリー・ページ)の検索エンジンを採用した検索サービス「 BIGLOBEサーチ(http://search.biglobe.ne.jp/)[運営 日本電気株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:西垣 浩司 、以下NEC)]」の一日当たりの検索回数が、この度、100万回を突破しました。

昨年11月27日、GoogleとNECは、同社が提供するインターネットサービス「BIGLOBE(ビッグローブ)」の検索サービスに関して提携を致しました。「BIGLOBE」では、同日、ホームページ検索・ディレクトリ検索・データベース検索の3つを融合した全く新しい検索サービス「BIGLOBEサーチ」を開始しました。

「BIGLOBEサーチ」は、1つのキーワード入力だけで初心者でも簡単に必要な情報が得られる高いユーザビリティを実現していることを最大の特長としています。ホームページ検索において、Googleの検索アウトソーシングサービスを国内で初めて導入したことにより、海外13億/国内3800万ページにも及ぶ膨大なインターネット情報をベースとした検索サービスを実現しました。

「BIGLOBEサーチ」は、サービス開始後順調にアクセスを増やし、5ヶ月間で一日当たりの検索回数が、以前のサービスに比べ、約2.5倍の100万回を突破しました。 日本を最重要市場のひとつと考えているGoogleは、今後ビジネス分野における活動についても、BIGLOBEとの関係を強化し、より強力な協業体制を確立していく予定です。

Googleについて(http://www.google.com/)

WWW最大の Web サイトのインデックスと業界最先端の検索技術を持つGoogle Inc. は、インターネット上もっとも速く、もっとも簡単に適切な情報を提供します。Googleの技術革新には、2つのWebby Awards、 WIRED magazineのReader Raves Award、 PC MagazineのBest Internet InnovationおよびTechnical Excellence Award、 Yahoo! Internet LifeのBest Search Engine on the Internet、 TIME magazineのTop Ten Best Cybertech、CNETのEditor's Pickを含め、数々の賞が授与されています。また、Googleの検索エンジンはYahoo!、AOL/Netscape、Cisco Systemsなど、世界各国の企業の各サイトに採用されており、その数は急速に増えています。Googleはカリフォルニア州マウンテンビューを拠点とし、Kleiner Perkins Caufield & Byers、Sequoia Capitalの出資を受けている非公開企業です。Googleに関する詳細は http://www.google.com/をご参照下さい。

BIGLOBEについて(http://www.biglobe.ne.jp/)

NECが運営する、日本最大級のインターネットサービスプロバイダです。1996年7月にサービスを開始し、2001年3月末現在715万人の会員を有しています(ISP会員 363万人、付加価値サービス会員 352万人)。BIGLOBEのポータルサイト(http://www.biglobe.ne.jp/)は2001年4月現在、1日あたり970万PVであり、日本のポータルサイトとしてはトップ3にランキングされています。

GoogleはGoogle Inc.の登録商標です。また、本リリースに記載されたその他全ての企業、または製品名はそれぞれの所有者による商標または登録商標である可能性があります。