Google

Google からのニュース

  1. Google について
  2. Google からのニュース
  3. ニュースリリース
  4. ニュースリリース

Google、ニフティとの提携関係を強化

@niftyが「アドワーズ広告」配信ネットワークに加盟

2002年12月9日

数々の賞を得ている検索エンジンを開発しているGoogle (グーグル、日本法人:東京都渋谷区、代表:オミッド・コーデスタニ)は、ニフティ株式会社(本社:東京都品川区、社長:古河建純氏)の運営する@niftyがGoogleの広告パートナーのネットワークに加盟することを発表しました。Googleは、2001年4月より、@niftyのユーザに1億以上の日本語ウェブページを含めたWWWの検索結果を提供しています。

今回の提携により、2002年9月より本格的に提供開始されたGoogleの「アドワーズ?広告」プログラムが@niftyのユーザに提供されるようになります。同サービスにより、キーワードに関連した広告だけがテキスト形式で通常の検索結果と同時に表示されることで、ユーザは個々の興味に沿ったより包括的な情報を入手することが可能です。世界で高く評価されているGoogleの検索エンジンを駆使した「アドワーズ広告」は国内でのサービス開始以来、急速にスポンサー数を伸ばし、日本最大のスポンサード・ リンク・ネットワークへと成長しています(2002年10月のビデオリサーチ社調査による)。

アドワーズ広告が@niftyに採用されたことで、アドワーズ広告のスポンサーは、これまでのターゲットリーチ数を大幅に拡大できるようになり、売上増加を見込めるようになります。これにより、広告スポンサーに対するアドワーズ広告の魅力がより強化されることになります。同時に、ニフティとGoogleの両社へも、アドワーズ広告を通した広告収益の増加が見込まれます。

ニフティ株式会社について(http://www.nifty.com)

ニフティ株式会社は、日本最大のインターネットサービス「@nifty」を運営。「BB@nifty」を旗印に、ビデオチャットやIP電話サービスなど、ブロードバンド時代に即した高品質で利便性の高いインターネットサービスの提供を行っている。ASDL・FTTH・CATVを合わせたブロードバンド会員数は43万人(2002年9月末)。【URL】http://www.nifty.com

グーグル株式会社について(www.google.co.jp)

グーグル株式会社は、米国Google Inc.の日本法人であり、100%子会社です。Google Inc.は、WWW最大の Web サイトのインデックスと業界最先端の検索技術を持ち、最も速く、最も簡単にインターネット上の適切な情報を提供します。Googleの技術革新には、TIME magazineのTop Ten Best Cybertech、CNETのEditor's Pickを含め、数々の賞が授与されています。Googleはカリフォルニア州マウンテンビューを拠点とし、Kleiner Perkins Caufield & Byers、Sequoia Capitalの出資を受けている非公開企業です。Googleに関する詳細はhttp://www.google.co.jp/を、『アドワーズ?広告』に関してはhttp://adwords.google.co.jpをご参照下さい。

GoogleはGoogle Inc.の登録商標です。また、本リリースに記載されたその他全ての企業、または製品名はそれぞれの所有者による商標または登録商標である可能性があります。