Google

Google からのニュース

  1. Google について
  2. Google からのニュース
  3. ニュースリリース
  4. ニュースリリース

日本大学に Google Apps Education Edition の提供を発表

2007年4月3日

Google Inc. (米国カリフォルニア州、CEO: エリック シュミット) は、日本大学 (東京都、総長・理事長 小嶋 勝衛)に Google Apps Education Edition (Google のホスティング型 電子メール、IM (チャット)、カレンダー、スタートページ、オンライン文書作成及び文書やスプレッドシートのソリューション) を日本大学ドメインで同校学生100000人に提供することを発表しました。

日本大学総合学術情報センター 事務局長 新家 勇 氏からコメントをいただいています。
『日本大学は、Google Apps Education Edition によって、たぐいまれなテクノロジー環境を短期間で安価に学生に提供できました。このことが最大の導入理由です。今後、Google は教育機関全体に対して、大きな役割を担う会社だと思います。』

日本大学は、当初7学部約3万人の学生を対象にして Google Apps Education Edition を提供し、最終的には全学部の学生に適用する予定です。また、スタートページを学生マイポータルとして利用し、既存システムとの連携を図ることを予定しています。更に、同校卒業生を含めた約50万人へのサービスとして Google Apps の適用も計画中で、学内のみならず卒業生コミュニテイでのコミュニケーションの活性化にもつとめていきます。

グーグル株式会社 代表取締役社長 村上 憲郎は以下のようにコメントしています。
『Google は、「世界中の情報を整理し、皆様がアクセスでき使えるようにすること」をミッションにしています。この度の提供で、日本大学内にある様々情報を学生のみなさまが、必要に応じてご利用できるようにようになり、また、それによって同校の皆様のコミュニケーションの活性化にもつながるお役にたてたことを光栄に思います。
今後も、Google Apps Education Edition が教育環境の促進サービスとして他教育機関でもご利用いただけるよう、努めてまいります』

Google Apps Education Edition では、メール、インスタント メッセージ、カレンダー、検索などのツールを一点に集約させ、どこからでも利用できるアクセス ポイント「収束型コミュニケーション」を提供しています。Google Apps Education Edition は下記サービス機能を含みます。