Google

Google からのニュース

  1. Google について
  2. Google からのニュース
  3. ニュースリリース
  4. ニュースリリース

急増する帯域幅需要に対応して、国際的な共同体が、日本と米国を結ぶ新しいケーブル システムの共同建設を発表

2008年2月26日

(English follows after Japanese)

【報道資料】

太平洋横断通信網を強化するため、最高 7.68 Tbps の通信容量を持つ全長 10,000km の新ケーブル システムを建設

東京、日本発 (2008 年 2 月 26 日)– 6 企業による共同体により、本日、日本と米国を結ぶ広帯域の海底光ファイバー ケーブルの共同建設について合意したことを発表しました。この新しい太平洋横断インフラストラクチャの建設費は約 3 億 US ドルと見込まれています。

Unity と命名されたこの新しいケーブル システムは、アジアと米国間のデータ通信及びインターネット トラフィックの未曾有の急増をサポートするのに必要な通信量を提供することによりブロードバンドの需要に対処しようというものです。Unity は太平洋横断光ケーブルの容量を当面 20 % 増加させることから出発しますが、実際には太平洋間に最大毎秒 7.68 テラビット (Tbps) の帯域幅を供給する能力を備えます。

TeleGeography 社の調査によれば、太平洋横断ケーブルの帯域幅の需要は 2002 年から 2007 年までの期間に年平均成長率 (CAGR) 63.7 % の増加を示しています。この傾向は 2008 年から 2013 年までも力強く続き、総通信量の需要はおよそ 2 年毎に 2 倍のペースで増加すると予想されます。

Unity のスポークスマン、ジェイン ストウェル は「Unity のケーブル システムはユーザーにより高速で信頼性が高い接続を提供すると同時に、コンソーシアムのメンバーにはアプリケーションやサービスがオンラインで融合する度合いが増すに従って増大する通信量の需要を満たすことを可能にします。」と語っています。

Unity コンソーシアムは Bharti Airtel、Global Transit、Google、KDDI、Pacnet、及び SingTel による共同体です。Unity という名前は、競合する可能性があるシステムの中から生まれ、システム内のシステムとして出現し、個々の光ファイバー対の所有と管理を可能にする新しいタイプの共同体を表しています。

この新しい 10,000 km の太平洋横断ケーブルは、東京に近い海岸にある千倉とロサンゼルス及び他の米国西海岸ネットワークを結びます。千倉では、Unity は他のケーブル システムともシームレスに接続し、アジア地域との接続をさらに強化します。
また、Unity コンソーシアムは 2008 年 2 月 23 日に東京で行われた調印式で、システムの構築とインストールを担当する企業として NEC と Tyco Telecommunications を選択しました。システムの構築は、すぐに開始され、2010 年第 1 四半期から初期通信料が利用可能となることを見込んでいます。

新しい 5 対の光ファイバー ケーブル システムは将来 8 対まで拡張が可能であり、各光ファイバー対は最大毎秒 960 ギガビット(Gbps)のデータ伝送が可能です。光ファイバー対の数を増やすことにより、Unity はより低コストでより大容量のサービスの提供が可能となります。

Unity について

Unity は、日本と米国を結ぶ 10,000 km の海底光ファイバー ケーブル システムを開発するための、Bharti Airtel、Global Transit、Google、KDDI、Pacnet、 SingTel による、国際的な共同体です。このシステムはアジアと米国間におけるデータ通信及びインターネット トラフィックの急増をサポートするために必要な通信量を提供します。また、NEC と Tyco Telecommunications は、2010 年の第 1 四半期まで継続される予定の Unity プロジェクトに対する機器供給を行います。

Bharti Airtel について

Bharti Airtel Limited は約6,000万のユーザーを有するインド最大手の通信サービス プロバイダです。Bharti Airtel は、Mobile サービス(GSM テクノロジーを用いたサービスを提供)、Telemediaサービス(94 の都市でブロードバンド及び電話サービスを提供)、及びエンタープライズ サービス(企業顧客と通信事業者に対する長距離通信サービスを提供)の 3 つの事業体から構成されています。Bharti Airtel は 2007 年度の BusinessWeek IT 100 リストで世界の良好業績企業100社に挙げられています。

Global Transit について

Global Transit は南アジア地域で最も成長が速い IP Transit ネットワークを運営している会社です。豊富なコンテントを提供する同社のネットワークは、南アジア地域の大手サービス プロバイダや企業に高可用性サービスを提供しています。クアラルンプールに本社を置く Global Transit は、ネットワーク ニュートラル データセンターの汎アジア オペレータである AIMS Asia Group の一員です。

Google について

Google の革新的な検索テクノロジーは、日常的に世界中の無数の人々を情報と結びつけています。1998 年にスタンフォード大学の博士課程の学生であったラリー ペイジとサーゲイ ブリンの 2 人によって創設された Google は、現在すべての主要グローバル市場で最上位を占める Web プロパティとなっています。Google の「ターゲットを絞った広告プログラム」はあらゆるサイズのビジネスに評価可能な広告の結果を提供しながら、同時にユーザーの総合的なWeb 体験を豊かなものにしています。Google はシリコン バレーに本社を構え、アメリカ、ヨーロッパ、及びアジアにも多数のオフィスがあります。

KDDI について

KDDI は固定から移動までのあらゆるコミュニケーション サービスを包括的に提供する日本で唯一の情報及び通信サービス会社です。KDDI は最先端の固定及び移動通信ネットワークとそれらを支えるサービスを開発する能力、及びどこででも卓越したレベルの技術的R&Dを推進する能力を通して、来るべきユビキタス ネットワーク社会の実現に向けて積極的に活動しています。

Pacnet について

通信サービス プロバイダのPacnet は、Asia Netcom と Pacific Internet の経営統合によって生まれました。Pacnet はアジア最大の民間海底ケーブル ネットワークであり、設計容量 10.24 Tbps、全長 36,800 km の海底ケーブル ネットワークである EAC-C2C を運営しています。通信事業者、大企業、及び SME に対して業界をリードする IP ベース ソリューションの包括的ポートフォリオを提供しています。Pacnet は香港とシンガポールに本社を置き、アジアと世界各地の重要市場にオフィスを構えています。

SingTel について

SingTel は固定、アジア地域でワイヤレス、及びインターネットのプラットフォームに対して音声、及びデータのサービスを始めとした一連のサービスを提供する大手コミュニケーション グループです。SingTel はアジア太平洋地域、ヨーロッパ、及び米国の 19 カ国の 37 箇所間で支社ネットワークを構築しています。地域パートナーと一緒に 8 つの市場で 1 億 7,200 万のモバイル ユーザーにサービスを提供している SingTel はアジア地域最大のマルチ市場モバイル通信事業者となっています。

###

Global Consortium to Construct New Cable System Linking US and Japan to Meet Increasing Bandwidth Demands

Construction underway to build 10,000 km linear cable system with a capacity of up to 7.68 Tbps to enhance Trans-Pacific connectivity

TOKYO, Japan (February 26, 2008) - A consortium of six international companies announced they have executed agreements to build a high-bandwidth subsea fiber optic cable linking the United States and Japan. The construction of the new Trans-Pacific infrastructure will cost an estimated US$300 million.

The new cable system -- named Unity -- will address broadband demand by providing much needed capacity to sustain the unprecedented growth in data and Internet traffic between Asia and the United States. Unity is expected to initially increase Trans-Pacific lit cable capacity by about 20 percent, with the potential to add up to 7.68 Terabits per second (Tbps) of bandwidth across the Pacific.

According to the TeleGeography Global Bandwidth Report, 2007, Trans-Pacific bandwidth demand has grown at a compounded annual growth rate (CAGR) of 63.7 percent between 2002 and 2007. It is expected to continue to grow strongly from 2008 to 2013, with total demand for capacity doubling roughly every two years.

"The Unity cable system allows the members of the consortium to provide the increased capacity needed as more applications and services migrate online, giving users faster and more reliable connectivity,” said Unity spokesperson Jayne Stowell.

The Unity consortium is a joint effort by Bharti Airtel, Global Transit, Google, KDDI Corporation, Pacnet and SingTel. The name Unity was chosen to signify a new type of consortium, born out of potentially competing systems, to emerge as a system within a system, offering ownership and management of individual fiber pairs.

This new 10,000 kilometer (km) Trans-Pacific cable will provide connectivity between Chikura, located off the coast near Tokyo, to Los Angeles and other West Coast network points of presence. At Chikura, Unity will be seamlessly connected to other cable systems, further enhancing connectivity into Asia.

The Unity consortium selected NEC Corporation and Tyco Telecommunications to construct and install the system during a signing ceremony held in Tokyo on February 23, 2008. Construction will begin immediately, with initial capacity targeted to be available in the first quarter of 2010.

The new five fiber pair cable system can be expanded up to eight fiber pairs, with each fiber pair capable of carrying up to 960 Gigabits per second (Gbps). By having a high fiber count, Unity is able to offer more capacity at lower unit costs.

About Unity

Unity is an international consortium that is developing a 10,000 km undersea cable system connecting Japan and the United States. The system will provide much needed capacity to sustain the increased growth in data and Internet traffic between Asia and the United States. Members of the consortium include Bharti Airtel, Global Transit, Google, KDDI, Pacnet and SingTel. NEC Corporation and Tyco Telecommunications are the suppliers for the Unity project, which is scheduled to go live in the first quarter of 2010.

About Bharti Airtel

Bharti Airtel Limited, is India's leading integrated telecom services provider with an aggregate of 60 million customers. Bharti Airtel is structured into three strategic business units - Mobile services (which provides services using GSM technology), Telemedia services (which provides broadband & telephone services in 94 cities) and Enterprise services (which provides end-to-end telecom solutions to corporate customers and long distance services to Carriers). Bharti Airtel has been rated among the best performing companies in the world in the BusinessWeek IT 100 list for 2007.

About Global Transit

Global Transit operates the fastest growing IP Transit network in South Asia. The company's content rich network provides high availability services to leading service providers and enterprises across the region. Global Transit is headquartered in Kuala Lumpur and is an affiliate of The AIMS Asia Group, a pan-asian operator of network neutral data centres.

About Google

Google's innovative search technologies connect millions of people around the world with information every day. Founded in 1998 by Stanford Ph.D. students Larry Page and Sergey Brin, Google today is a top web property in all major global markets. Google’s targeted advertising program provides businesses of all sizes with measurable results, while enhancing the overall web experience for users. Google is headquartered in Silicon Valley with offices throughout the Americas, Europe and Asia.

About KDDI

KDDI is the only Japanese information and communications company that comprehensively provides all communications services, from fixed to mobile. KDDI is aggressively working towards realization of the coming Ubiquitous Network Society through its ability to develop leading-edge fixed and mobile communications networks, and services to support them, and through the ability to carry out technical R&D at a level unsurpassed anywhere.

About Pacnet

Pacnet, a leading telecom services provider, was born from the operational merger of Asia Netcom and Pacific Internet. Pacnet owns and operates EAC-C2C, Asia's largest privately-owned submarine cable network at 36,800 km with design capacity of 10.24 Tbps. Offering a comprehensive portfolio of industry leading IP-based solutions for carriers, large enterprises and SMEs. Pacnet is headquartered in Hong Kong and Singapore with offices in all key markets in Asia and worldwide.

About SingTel

SingTel is Asia's leading communications group providing a portfolio of services including voice and data services over fixed, wireless and Internet platforms. It has a network of 37 offices in 19 countries and territories throughout Asia Pacific, Europe and the United States. Together with its regional partners, SingTel is Asia’s largest multi-market mobile operator, serving over 172 million mobile customers in eight markets.

###

Google is a registered trademark of Google Inc. All other company and product names may be trademarks of the respective companies with which they are associated.

FORWARD LOOKING STATEMENTS

This press release contains forward-looking statements that involve risks and uncertainties, including statements relating to expected increases in capable capacity, the increase in bandwidth resulting from Unity’s new cable system, and the growth of the bandwidth demand. Actual results may differ materially from the results predicted. The potential risks and uncertainties that could cause actual results to differ include, among others, risks related to the difficulty of predicting capacity requirements, rapid technological changes and the introduction of new products and technologies that make it difficult to accurately forecast telecommunications traffic growth, the impact of increasing competition, regulatory uncertainty and the impact of changes in existing regulations, and Unity’s ability to complete the construction of the cable system in the anticipated time frame due to, among other things, extensive construction lead times, the limited number of major undersea cable supply and construction companies, the limited number of qualified and experienced undersea cable personnel and significant capital requirements. All information provided in this release is as of February 26, 2008, and neither Unity nor any other company referenced herein undertakes any duty to update this information.