Google

Google からのニュース

  1. Google について
  2. Google からのニュース
  3. ニュースリリース
  4. ニュースリリース

Google、複数のウェブサイトにソーシャルアプリケーションを構築できる「オープンソーシャル」を公開

~ mixi、hi5、Orkut、Salesforce.com などの共通 API セットに対応 ~

2007年11月2日

Google Inc. (本社: カリフォルニア州 / CEO: エリック E. シュミット NASDAQ: GOOG) は2007年11月2日、ソーシャルアプリケーションやウェブサイトにソーシャル機能を追加しようとする開発者に向けて、ウェブサイトにソーシャルアプリケーションを構築できる共通 API セット「オープンソーシャル (OpenSocial)」を公開しました。

「オープンソーシャル」は、より強力で広範囲にウェブ上でのソーシャル機能を可能にします。開発者は、ユーザーがウェブサイト、ウェブアプリケーション、ソーシャルネットワークに関係なく広範囲に利用できるアプリケーションを作成することが可能となります。「オープンソーシャル」の公開によって、開発者は共通 API で複数の異なるソーシャルネットワークにアクセスすることが可能となり、より簡単に効果的な開発および配信ができるようになります。

SNS に代表されるコミュニティサイトは増え続けており、それゆえ、それぞれ異なる API が増え、開発者はどの API でアプリケーションを作成するかを選び、それぞれの API ごとにアプリケーションを用意する必要がありました。しかし、「オープンソーシャル」は、ソーシャルアプリケーション開発者に、「オープンソーシャル」の利用が可能なあらゆるウェブサイト上でアプリケーションを実行するために必要な、単一の共通 API セットを提供します。シンプルで標準に基づいた技術を提供することで、迅速な開発を可能にし、より多くのソーシャル機能をウェブ上のより多くの場所で提供できるようになります。ユーザーにとっても、より楽しく、魅力的で便利な機能を、早く使えるようになります。

オープンソーシャルの主な特長は以下の通りです。

一度覚えるだけで、あらゆるウェブにアクセスできる

「オープンソーシャル」のもっとも大きなメリットは、アプリケーション開発者が手にする膨大な配信ネットワークです。「オープンソーシャル」への対応をすでに決めているサイトとしては、Bebo, Engage.com, Friendster, hi5, Hyves, imeem, LinkedIn, mixi, MySpace, Ning, Oracle, orkut, Plaxo, Salesforce.com, Six Apart, Tianji, Viadeo, and XING などがあり、世界中にあわせて1億人以上のユーザーを抱えています。時間やリソースなど、開発者にはさまざまな制約がありますが、「オープンソーシャル」API を一度覚えるだけで、「オープンソーシャル」に対応しているあらゆるウェブサイトで実行可能なアプリケーションを作成できるようになるのです。
Flixter、FotoFlexer、iLike、RockYou、Slide、Theikos、および VirtualTourist を含む複数の開発者は既に「オープンソーシャル」を使用したアプリケーションを構築しています。本日より、 http://sandbox.orkut.com で開発者に向けて、テスト用環境の提供が開始され、「オープンソーシャル」API のテストを開始できるようになります。最終的には、開発者がそのテスト用環境内でアプリケーションを開発し、Orkut や「オープンソーシャル」対応サイトに配置することができるようにすることを目的としています。

より多くの場所で、よりオープンに

この単一のプログラミングモデルは、ユーザーに充実したソーシャル機能を提供したいと考えているウェブサイトの大きなサポートとなります。これにより、より多くのソーシャルアプリケーション開発者が、より多くのソーシャル機能を、より早くウェブサイトへ移行することが出来るようになります。
「オープンソーシャル」がソーシャルアプリケーションをホスティングする共通の手法になることは、ウェブサイトの開発において、より積極的にサードパーティの協力を得ることを可能にするものです。 これにより、これまで独自に開発した API の管理や、開発者のコミュニティをサポートするために使われてきたリソースを、別のプロジェクトにまわすことが出来るようになります。また、個々のウェブサイトの構築のための煩わしい仕事から解放されることで、開発者は自分たちの関心がある分野で、その創造性の発揮をすることができるようになります。これにより、これまでソーシャル Web として捉えられてきた個人向けのエンターテイメントやゲーム以外のコンテクストでの、ソーシャル機能の波を引き出します。

すでに提供を開始した3種の API

「オープンソーシャル」API は、開発者が、ユーザープロファイルやその友人、そして友人にアクションを知らせる機能といった、ソーシャルアプリケーションの開発に必要なデータへのアクセスを可能にします。開発者およびウェブサイト向けの「オープンソーシャル」のリソースは近日中に公開する http://code.google.com/apis/opensocial で提供します。

開発者は、以下へのアクセスが可能 となります。

ウェブサイトは以下へのアクセスが可能となります。

これら全てのリソースおよび開発者向けテスト環境は、すでに利用が可能となっています。

開発者からのフィードバック

数多くの開発者が、「オープンソーシャル」API の初期の反復法のテストに協力してくださいました。Google は、その多大なフィードバックに感謝しています。
これらのガジェットへのリンクは近日中に http://code.google.com/apis/opensocialで公開します。

###