Google

Google からのニュース

  1. Google について
  2. Google からのニュース
  3. ニュースリリース
  4. ニュースリリース

新しい Web 体験を Google Chrome で

2008年9月3日

Google は本日、世界中のユーザーに新しい Web 体験を提供することを意図して開発されたオープン ソース ブラウザー、 Google Chrome の提供(ベータ版)を開始しました。 40 以上の言語に対応するこの Google Chrome は、シンプルなユーザー インタフェースと洗練されたテクノロジーを組み合わせた新しいオープン ソース ブラウザーです。

インターネットの黎明期の Web ページは文字ベースのものがほとんどでした。しかし、現在、 Web サイトは、ユーザーが電子メールや、その他の Web アプリケーションを通して友人や同僚と共同作業を行ったり、文書を編集したり、ビデオを見たり、音楽を聴いたり、資産を管理したり、様々な作業を行うことを可能にしています。Google Chrome は今日の Web サイトのために、また将来のアプリケーションのために構築された新しいブラウザーです。

Google で製品管理担当副社長を務めるサンダー ピチャイ( Sundar Pichai ) は 「 Google はブラウザーを Web への窓口であると考えています。ブラウザーはユーザーが関心を持つ Web サイトやアプリケーションと交流するためのツールであり、そのコミュニケーションを妨げないことが大切です。 Google のホームページのように、 Google Chrome は現代の Web に対応できる洗練されたとのシンプルなユーザー インタフェースを備えています。」とコメントしています。

Google Chrome は、ユーザーがコンテンツを簡単に検索し、ナビゲートできるように設計されています。
- 検索およびアドレス バーの組み合わせにより、ユーザーが行きたいサイトに迅速に、数回キーを押すだけで行くことができます。
- ユーザーが Google Chrome 内の新しいタブを開くと、ユーザーが最も頻繁に訪れる Web サイト、最近の検索結果、およびブックマークのスナップショット等を含むページが表示され、従来のブラウザーよりはるかに簡単にナビゲートすることができます。

Google Chrome はユーザーにシームレスな Web 体験を提供するように工夫されています。Google Chrome は、ユーザーにより高いレベルの安定性とセキュリティを提供するのに有効なマルチ プロセス プラットフォームです。

- 各ブラウザー タブは別々のプロセスとして動作します。すなわち、タブを分離することにより、あるタブが機能停止したり、誤動作を起こしたりしても、他のタブは安定であり、応答可能な状態を維持できるため、ユーザーは Google Chrome を再起動する必要なく作業を継続できます。
- Google は、現在の Web アプリケーションの速度を速めるだけでなく、現在のブラウザには搭載できなかった全く新しいレベルの Web アプリケーションの搭載も可能にする新しい JavaScript エンジン V8 も構築しています。

また、Google Chrome は Google だけでは開発できなかったと認識しています。Google Chrome は、ブラウザー テクノロジーの発展に大きく貢献しつつある、またブラウザの競争と技術革新を促進する、他のオープン ソース プロジェクト上に構築されたものです。

Web のオープン化をさらに進めるために、 Google Chrome はオープン ソース プロジェクトとして提供する予定です。その意図は、 Google は Google Chrome の基盤となっているテクノロジーで市場に貢献しながら、同時に追加機能の開発を継続できるようにすることによって、将来のブラウザーをより優れたものにすることに貢献したいからです。

Google Chrome の 利用方法
Google Chrome は Windows 対応のベータ版としてリリースされており、 Web サイト www.google.com/chromeからダウンロードが可能となっています。 Mac および Linux ユーザー向けの Google Chrome は数ヶ月内に利用可能となる予定です。オープンソース プロジェクト、 Chromium に関する詳細情報は Web サイト www.chromium.orgをご参照ください。